施工管理技士の仕事内容をご紹介

建築施工管理技士の仕事と資格

建築施工管理技士とは、建物の施工管理を行う人が必要な資格のことを指します。建築施工管理とは、簡単にいえば建物を総合的に管理する仕事です。いわゆる現場監督と言われる人のことを言います。

施工管理では設計図面の通りに建物が出来上がるように、施工計画を考えたり、設計図面からより詳細な図面を描いたり、現場で建物の工事が予定通りに進んでいるのかどうかを確認したりします。

施工管理というと、作業員に指示を出すだけで、自分は作業をしないというイメージがありますが、実際には遅れている作業があったりすると作業員と一緒に作業をするということもよくあります。

施工管理を行うためには建築施工管理技士の資格か建築士の資格が必要になります。一級建築士、二級建築士といった建築士資格は建築に関する総合的な資格で、施工管理だけではなく、設計も行うことができます。

試験内容としても実地で設計図面を描いたりしますから、どちらかというと設計のほうが重要視されている資格といえるでしょう。一方で一級建築施工管理技士や二級建築施工管理技士といった建築施工管理技士の資格は、建築施工管理のみに特化した資格です。

ですから、建築士試験よりも試験範囲が施工管理のみになっているため資格の取得はしやすいです。建築施工管理技士の場合、学科試験は選択式であることは建築士試験と同じですが、実地試験は全問記述式となります。建築士試験にしても建築施工管理技士試験にしても、どちらも受験するために実務経験が必要です。

実務経験とは、建築施工に関する仕事に従事した年数のことで、仕事に従事する以外にも大学や高校、専門学校などで専門の教科を学ぶことで実務経験の代わりにすることもできます。

必要な実務経験の年数は従事する仕事によって異なりますが、たとえば指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合は大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験が一級建築施工管理技士を受験するために必要になってきます。

実務経験の年数については細かく規定が決められていますので、一級建築施工管理技士や二級建築施工管理技士を受けたい場合には、自分の実務経験が受験資格に足りているのかどうかよく調べてみる必要があるでしょう。

建築士協会のホームページに詳しい実務経験の年数の数え方が載っています。建物の施工管理を行うにはもちろん資格だけではなく、専門的な知識や技術が必要になってきますが、最低限必要な資格を持っている必要がありますから、転職を考えている場合には資格のことも頭に入れておくといいでしょう。

©2016 施工管理技士の仕事内容をご紹介